様々な合併症を引き起こす高血圧

よく医療機関や、ジム、お風呂屋さんなに行くと、血圧を測るマシーンが置いてありますが、この器械で自身の血圧を測り、高血圧だと判断された場合には要注意をする必要があります。
高血圧の症状は、加齢と共に見受けられ、年をとるに従って高血圧だと診断される方が多くなってきます。
理由は加齢と共に血管の柔らかさが失われ、血管の壁に内側からかかる圧力が大きくなることが要因となっています。
そうなると、もちろん血管への圧力が大きいのですから、血管の壁に悪影響を与えることはいうまでもなく、それが様々な疾患の引き金になっていくのです。
高血圧とは、最低血圧が90以上もしくは、最高血圧が140以上とどちらか一方でもその数値を越えれば高血圧と診断されます。
望ましい血圧としては、上が120、下は80未満とされています。
しかし、数値では高血圧と診断されても、実は症状がないというのがこの高血圧の特徴です。
しかし、そのまま放置しておくと様々な臓器へ障害を起こす原因となります。
血管に負担をかけるのですから、それはやがて心臓に負担をかけることにつながり、狭心症、心筋梗塞を引き起こします。
また脳部分の血管に高い圧力がかかると、それが原因で血管がつまったり、やがては破れ脳卒中を引き起こす要因にもつながります。
これらの要因は、日々の生活習慣にあげられ、食事、運動、禁酒、禁煙、ストレス消化などといった生活習慣を改めることで、かなりの症状を改善することが出来るのです。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017今後医療業界に期待すること〜高齢化社会に向けて〜.All rights reserved.