レーシック施術法とは

視力低下により、コンタクトや眼鏡を使用しての性活を送っている方はとても多いでしょう。
しかし最近では、レーシックといった視力矯正施術により、わずかな痛みを感じることなく、施術時間も数分で視力回復を望めるようになってきています。
レーシックの施術法が日本で認可が下りたのは14年前の1998年です。
その当時は医療費も大変高額でしたし、施術法も現在ほどは未熟でした。
しかし、年々年を重ねるにつれて、技術はもちろん、最新の機器なども次々と導入され、非常に安心して施術を受けられる医療の一つといわれるようになりました。
レーシックと聞くと、眼の手術なのだから、失敗したら場合によっては失明してしまうのではないか、といった不安を持つのではないでしょうか。
しかし、この点に関しては世界中に1件も今までにこのような例は報告されていないという結果が出ています。
つまり、失明の心配はほぼ無い、大変安心の出来る施術と考えてよいでしょう。
考慮しなければならない失敗とは、視力回復が望めない、痛みが数日続く、光に目がしみるなどといった症状でしょうか。
視力が回復できない状況に関してはいくつか理由があげられるのですが、再手術も可能となっています。
特に最初の施術プランの中で、3年保証などといった保証プランを選択していれば、再手術費を心配することなく受けることが出来るのです。
痛みに関しても個人差はあるのですが、感じる人は感じるというのが現状です。
しかし、これも長くて3ヶ月みていただくと、殆どの方が回復しているといわれています。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017今後医療業界に期待すること〜高齢化社会に向けて〜.All rights reserved.