レーシック施術費が支払い対象となる保険

視力回復をはかるレーシックですが、大手有名クリニックとしては「品川近視クリニック」「神戸神奈川アイクリニック」「錦糸眼科」「SBC新宿近視クリニック」などなどが上げられます。
こういった大手においては、信用度、最新の機器、医師の技術などといった項目はどれもクリアできる部分でしょう。
後は価格、友人知人が施術を受けた、口コミ内容、通院しやすい立地条件などが、クリニック選びの鍵となってくるポイントでしょうか。
価格に関しては、近年かなり安価になったとはいえ、それでも数十万する医療施術をうけるのですから、負担になる方ももちろんいるでしょう。
しかし、これらの大手は大概、無金利の分割払い制度を設けているものです。
一回一回の支払額が少なく、尚且つ期限までに支払えば金利を払う必要もないなんて、大変魅力的に感じることでしょう。
レーシック視力回復施術は、特に病気回復の医療の部分には当たらないため、健康保険が適応外となっています。
対象となるのは生命保険の医療保険の特約などに入ってきます。
主な生命保険としては「アクサ生命の医療保険」「東京海上日動の医療保険」「三井住友海上の医療保険」などがあげられます。
施術後の給付金としては、加入保険会社によって様々ですが、往々にして5万円から10万円前後が一般的だといわれています。
まずはレーシックで視力回復の施術を受ける前に自身の加入している生命保険や、医療保険会社にその支払い対象となるかの有無を確認してみましょう。

医療関連の参考になるネタはこちらのサイトがお勧めですよ♪

記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017今後医療業界に期待すること〜高齢化社会に向けて〜.All rights reserved.