失った歯の代わりを作成するインプラント

近年で自身の歯を何らかの原因で失ってしまった場合に、その失った歯の代わりを作成する、「インプラント治療」という技術が進んでいます。
このインプラントという施術は、まず人工の歯を形成し、歯の根の部分をアゴの骨に埋め込み、その上に天然の歯と殆ど変わらない見た目の人工の歯を入れるといった施術法です。
この医療法は保険が適応されない自由診療なので、費用は実に1本30万円前後もするといわれています。
しかし、入れ歯のようながたつきもありませんし、自分の歯と同じような感覚で使用することができ、何よりきちんと手入れし、定期的なメンテナンスを続ければ、ほぼ一生その治療効果が持続するといったメリットがあるのです。
この失った歯の代用となる医療法として、保険対応が可能なのが「ブリッジ治療」となります。
しかし、この治療法はまず、機能せずに抜かざるを得ない歯の前後の歯も土台として抜歯しなければなりません。
または神経を抜かなくても可能な場合もありますが、被せられるように削ることは避けられません。
つまり最低でも健康な歯を2本は抜くなり、削るといった負担が出てくるということです。
また保険が利き、割と低価格で治療を望み、被せる物を金属物にすると、治療の歯とその前後の計3本分が一気に金属歯となってしまい、見た目の印象が変わってしまうこともあります。
見た目を気にし、セラミックを被せるとなると費用が高額になってしまうといったデメリットもあるのです。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017今後医療業界に期待すること〜高齢化社会に向けて〜.All rights reserved.