もしも歯が1本無くなってしまったら

インプラントよりは、医療保険が効くため費用が良心的であるブリッジですが、様々な不具合ももちろんあります。
まずはその耐久性においてです。
インプラントはきちんとした手入れと、定期的なメンテナンスを行えばその耐久はほぼ一生続くといわれています。
ブリッジに関しては、これまで3本分でかみ合わせていた部分を2本の歯で支えなければならなくなるため、土台の歯に今まで以上の力がかかってくるようになり、かなりの負荷がかかることが予想されます。
この負荷が少しずつたまり、かみ合わせの力で押され、動いたり、よじれ、引っ張られたりが繰り返されると、やがてぐらぐらとしてくる可能性もあるのです。
また歯磨きによる維持管理をきちんと行わないと、すぐに駄目になってしまうというケースもあるのです。
つまりブリッジの耐久性は、歯みがきにより維持管理をすると同時に、かみ合わせの力も大きく影響してくるということです。
それでは具体的にもし歯がもし1本なくなってしまったら、どのような選択肢があるのか見てみましょうか。
まずは、今まで述べたブリッジという医療法、インプラント、そして入れ歯。
さらに、親知らずなどの実際には機能しない歯などがある場合には、歯牙移植といった方法もあります。
どの方法にもメリット、デメリットがありますが、入れ歯に関しては取り外しの煩わしさがありますし、ブリッジは前後の健康な歯を削る必要がありますし、インプラントは費用がかさむといったことを念頭に置き、自身に最適な医療法を選択しましょう。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017今後医療業界に期待すること〜高齢化社会に向けて〜.All rights reserved.