インプラントと入れ歯

歯がなくなってしまった場合には、様々な医療法がありますが、では奥歯が数本なくなってしまった場合はどうでしょうか。
これに対しては、入れ歯とインプラントが対応できます。
入れ歯に関しては、両隣の歯にばねを付けて部分入れ歯をするのですが、数年後には、ばねのかかっている歯が揺れて抜歯の可能性が高くなってしまうのが事実です。
結果、入れ歯の数がだんだんと多くなってくるということです。
インプラントは、1本でも医療費が保険の対象とはならないので、1本30万円前後、数本行うとなるとその金額も大変な額となってしまうとい点が躊躇の原因となるでしょう。
次にほぼ全部の歯がなくなってしまった場合はどうでしょうか。
この場合も、総入れ歯か、インプラントといった選択になりますが、入れ歯に関しては顎に相当な負担をかけている状態なので、レントゲンを確認するとおそらく、信じられないほど顎の骨が溶けている状態を確認することができるでしょう。
自身の歯すべてを総インプラントということも可能ですが、保険の対象外であるため、先ほどと同様恐ろしい治療費がかかることは避けられません。
ただ、保険の対象外ではありますが、医療費控除の対象とはなってきます。
医療費控除とは、1年間に10万円以上の医療費を支払った場合に、一定の金額を所得金額から控除し、所得税が軽減されるといったものです。
その医療費控除の申請の際には、領収書が必ず必要となってきますので、医院からもらった領収書は大切に保管しておきましょう。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017今後医療業界に期待すること〜高齢化社会に向けて〜.All rights reserved.